新卒で総合病院に就職した私(看護師)の理由

私は新卒の時に、地元の市立病院に就職をしました。市立病院というのは、その市では地方公務員と同じ扱いになりますが、病院の種類としては総合病院にあたります。

総合病院とは、ベット数が100床以上あり、診療科目が内科や外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科などを含む病院のことを示します。

私はその当時、病院の種類が何か、看護師の仕事がどういうものかも分かりませんでしたが、自分なりに色々と考えて、あえて総合病院を選択しました。

ここでは、その時にこの総合病院を選んだ理由を思い出して紹介していきたいと思います。

1.実習病院であった

まずは、これがその病院を選んだ一番のきっかけかもしれません。

看護学生の時に3年の間お世話になり、尊敬する看護師さんを目の前にして、これから看護師として働いていくにあたり、基礎となる部分を築いていきたいなと思ったのだと思います。

あとは、実習で色んな病棟で勉強させていただいたので、各病棟の仕事内容や雰囲気を知ることにより、自分はどの診療科で働いてみたいなどと想像を膨らませることができたのも要因の1つだと思います。

 

2.実家から近かった

その総合病院は実家から歩いても行けるくらいの距離にありました。

そのため、自分が小さい時に通院したり、家族も入院してお世話になっていた病院であるため、病院の中の雰囲気なども知っていました。

その時にお世話してくれた看護師さんに憧れてなどというエピソードは特にないのですが、幼い時から何度も足を運ぶ機会があったことにより、身近な存在ではありました。

たまたま実家の近くにそのような総合病院があったのですが、これもきっかけの1つではあるかもしれません。

 

3.地元では頼りになる病院として知られていた

地元は地方なので、あまり大きな病院がなかったこともあるかもしれませんが、その当時は何かあればこの病院というように、頼りになり評判の良い病院だったと記憶しています。

家族や親戚、近所の方など身近な方もこの病院にかかり、しばしば会話に出てくることもあったので、頼りになる病院として感じていました。

そのため、看護師になったら、頼りになるこの病院で自分も働きたいと漠然と思っていたように思います。

 

4.様々な経験ができると思った

新卒の時は何ができて、何が向いているかなどもちろん分からなかったため、色んな診療科目を経験できる病院がいいと思いました。総合病院なら診療科目が多いので、その希望が叶う場所だと思いました。

また看護学生の当時は、総合病院への就職を選択するにあたり、地元の大学病院と市立病院への就職で2分していたと思います。その時の私は、大学病院では実践よりも、勉強することの方が多いのかなという印象がありました。

私は早く実践で様々な経験を積んでいきたいという思いがあったために、市立病院を選択したことを覚えています。

 

5.安定した職場だと思った

就職するにあたり、当たり前のことですが、給与や勤務形態がきちんとしている職場がいいと思っていました。

私が就職した市立病院が地方公務員にあたることは受験する時に分かったのですが、それならなおさらしっかりとした職場であると思い、頑張って受験に取り組みました。その病院では、受験の際に地方公務員用のペーパテストもあり、これがとても難しかったのを覚えています。

正直に言って、看護師の国家試験よりも難しかったように思えましたし、かなり勉強した記憶があります。でもその代り、就職してからの様々な待遇は良く、安定した職場であることを実感できました。

給与も十分であったし、福利厚生も手厚く、その当時は3交代勤務でしたが、病院指定のタクシーで送迎もしてくれました。

今考えると、待遇面でいうと今までで一番良かった職場であるかもしれません。

 

6.教育体制がしっかりとしている

実習病院だったので、実際に実習で指導を受けたり、看護師さん達の様子を見て、教育システムがあるのを見ていました。

実際には、総合病院なので様々な診療科目を学ぶことができ、また教育制度や勉強会、学会の参加なども積極的に行っていました。

その病院は新卒1年目に内科系か外科系の病棟に配属されると、2年目か3年目には反対の科に配属されて、内科系と外科系の両方を新人のうちに学ぶようなシステムになっていました。

新人の頃は覚えることが多い上、慣れてくると新しい科に配属されるので大変なことも多かったですが、今考えるとそういう積み重ねがあったから、色んな意味で応用をきかせて働くことができているのかもしれないと思います。

 

まとめ

総合病院への就職を選んだ理由を今思い出してみると、単純で安直なものから、将来を見据えたものまで様々な内容があると思いました。ですが、実際に新卒で総合病院に就職をしてみて思うことは、学びが多く、安定した職場であったという印象があります。

新人のうちは本当に大変でしたが、厳しい中にも優しさのある先輩達が根気強く指導してくれましたし、新しい勉強や経験をする機会は沢山あったように思います。

生活を支える給与や福利厚生も十分すぎるくらい手厚いものでした。自分のやる気さえあれば、安心して多くのことを学ぶことができ、また周りもしっかりと支えてくれる、良い病院だったなと思っています。

この病院で新人のうちにしっかりと基礎を叩き込まれたので、その後はそんなに仕事で苦労した経験はなかったように思います。

あらためて思うことは、新卒の時の就職先というのは、看護師経験の基礎を作る大事な場所なのではないかと思いました。

ちょっと大げさに聞こえますが、私自身、何十年も看護師をしてきて、やはり新人の時の数年があったから、今もこうして仕事を続けていられるのではないかと思います。

新人の時の経験や教えは、その後の仕事や考え方に大きく影響していくと思います。

新人を卒業したら、どんな仕事をしても基礎はできているのでいいと思いますが、新人のうちは多くを学べる職場で、基礎をしっかりと教わることをお勧めします。

そのためにも新卒の就職先選びは慎重にしたいところです。

新卒の就職先を選ぶ際の何かのお役に立てればと思います。

Ivy

 

現役看護師が選んだ転職会社のご紹介

まずは、利用した現役看護師の口コミを確認してみてください。3社と全国対応です。

 

看護のお仕事【常勤・非常勤におすすめ】

看護のお仕事 口コミ

転職成功後にお祝い金が最大12万円貰えます。担当者が求人条件が見つかるまでしっかりと選んでくれます。
まずは、りようした看護師の口コミを確認してみましょう。

現役看護師の口コミを見る

 


マイナビ看護師【常勤におすすめ】

マイナビ看護師の口コミ

担当者が一番丁寧な対応をしてくれる転職会社です。利用した看護師にクレームが少ないことが特徴です。

現役看護師の口コミを見る

 


MCナースネット【派遣・単発求人豊富】

MCナースネット

ダブルワークや非常勤看護師、派遣看護師におすすめの求人です。利用している看護師も多く、人気があります。

現役看護師の口コミを見る

 

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています